• ホーム
  • まつ毛が少なくなってしまうまつ毛貧毛症が発症する原因とは

まつ毛が少なくなってしまうまつ毛貧毛症が発症する原因とは

2020年06月03日
顔を洗っている女性

ふと気が付いたらまつ毛が少ない・短い・1本1本が細いと感じたことがあるのであれば、もしかしたらまつ毛貧毛症を発症しているかもしれないので、気になる人は専門の医療機関を受診して診察を受けてみることをすすめします。

目にゴミや汗が入るのを防ぐという機能だけでなく、まつ毛は美容面においても大きな役割をしておりまつ毛が太い・長い・多ければその分、目が大きく見えたり目だけでなく顔全体を華やかな印象へとしてくれる、顔の中でも特に重要なパーツです。まつ毛貧毛症によってまつ毛がスカスカになってしまったり、短くなってしまうと目力が低下してしまうのはもちろん、土台となるまつ毛自体が薄いためマスカラなどのアイメイクをしても十分な効果を発揮できません。

実は近年、若い女性の間でまつ毛貧毛症を引き起こすケースが増えていると言われているのですが、発症する原因としてまず挙げられるのがビューラーやマスカラ、つけまつ毛やまつ毛エクステといったケアによるダメージです。

毎日のように力を入れてまつ毛にビューラーをかける、落ちにくいマスカラを塗ってクレンジングする際に目元をゴシゴシと擦るさらにつけまつ毛やまつ毛エクステで、まつげ自体に負担をかけてしまうとダメージが蓄積されて、抜けたり短くなることがあります。スカスカになったまつ毛にボリュームを出そうとして一生懸命行っていたマスカラやつけまつ毛、まつ毛エクステがまつげ貧毛症の原因となり、かえって自分のまつげを減らしてしまう事態に陥ってしまうことも少なくありません。

また年齢を重ねてくると髪の毛のボリュームが低下するように、まつ毛も太さや濃さ、本数などが減少することが原因となったり、アトピー性皮膚炎や乾癬などの疾患で抜けることでまつ毛貧毛症が起こるケースもあります。過剰なケアや加齢、皮膚疾患の他にも抗がん剤など、使用している薬の副作用によって抜けてしまうのも、まつ毛貧毛症が起こる原因と言われています。

目だけでなく顔の印象まで変えてしまう大切なまつげ、できるだけ太さや多さ、長さをキープしたいのであればまつ毛貧毛症を招く、ビューラーやつけまつ毛、まつ毛エクステなどのケアをしすぎない、さらに皮膚疾患がある場合はしっかり治療をすることが必要です。自分がまつ毛貧毛症になっているかどうか分からないという場合は、治療を行っている皮膚科や内科、眼科に形成外科、美容皮膚科や美容外科といった美容クリニックにまずは相談してみてはいかがでしょう。

関連記事
角膜に傷がつく原因にもなる逆さまつ毛を治せる治療法はあるのか?

目がゴロゴロとしたり充血するというだけでなく、角膜を傷つけてしまい視力を低下させてしまうケースもある逆さまつ毛は専門の医療機関での治療によって、改善することができます。逆さまつ毛は何らかの原因によってまつ毛が眼球側へと生えている状態で、まつ毛が黒目部分の角膜を傷つける他にも、結膜部分を刺激して結膜炎

2020年07月04日
まつ毛を生やしたい時に便利なまつ毛育毛剤はどのぐらい種類があるのか?

まつ毛育毛剤にはいくつか種類がありますが、その大半に使われている有効成分はビマトプロストというもので、まつ毛を太くしたり伸ばす、濃くするという効果を発揮するという特徴を備えています。人の体に生える体毛には毛周期という、体毛が自然と生えたり抜けたりを繰り返すサイクルが備わっており、毛周期は体毛が太く長

2020年06月09日
まつげ貧毛症の方がまつ毛を生やしたい時に治療をする方法はあるのか?

まつげが細くなる・短くなる・本数が少なくなるといった症状が現れるまつげ貧毛症は、皮膚科や内科、眼科に形成外科、美容皮膚科・美容外科などの美容クリニックで治療が行われているので、まつ毛のボリューム低下に悩んでいる人は、受診することをおすすめします。なんとなくまつ毛が少ないというだけでクリニックを受診す

2020年06月06日
顔の印象にも影響がでてくるシミを治療する方法はあるのか?

老け顔を作り出してしまうシミですが、今は美容皮膚科や美容外科クリニックといった美容系クリニックでの治療を受けることで、薄くしたり消すこともできるようになっているのをご存知でしょうか。シミ治療として美容系クリニックでは、ハイドロキノンやトレチノインといった美白効果の高い外用薬や、トラネキサム酸などの内

2020年05月31日