• ホーム
  • まつ毛を生やしたい時に便利なまつ毛育毛剤はどのぐらい種類があるのか?

まつ毛を生やしたい時に便利なまつ毛育毛剤はどのぐらい種類があるのか?

2020年06月09日
マスクシートを使用する女性

まつ毛育毛剤にはいくつか種類がありますが、その大半に使われている有効成分はビマトプロストというもので、まつ毛を太くしたり伸ばす、濃くするという効果を発揮するという特徴を備えています。人の体に生える体毛には毛周期という、体毛が自然と生えたり抜けたりを繰り返すサイクルが備わっており、毛周期は体毛が太く長く伸びる成長期・成長がストップする退行期・毛根の活動が完全に停止して体毛が抜ける休止期に分けられます。

成長期・退行期・休止期を繰り返すことで体毛は生えたり抜けたりしているのですが、まつ毛も同じく毛周期が備わっており、このサイクルを経て成長しているので、まつ毛をボリュームアップするには成長期を長くすることが重要です。多くのまつ毛育毛剤に配合されているビマトプロストには、体毛の成長期を長くするという作用があるため成長する期間がのび、使用しなかった時に比べるとまつ毛が長く成長するというのが、まつ毛育毛剤でボリュームアップするメカニズムです。

さらに、ビマトプロストは毛包という体毛を作る組織を刺激して、まつ毛を太くするという作用や、メラニン色素の生成を促進しまつ毛を濃くするという作用があるため、抜けてスカスカ状態をまつ毛が密集して生えているという状態へとサポートしてくれます。

ただ、まつ毛育毛剤には日本の厚生労働省が認可しているものや、先発医薬品にジェネリック医薬品などがあるので、同じ有効成分が配合されていると分かっていても、どれを選んで良いのか迷ってしまうこともあるかもしれません。今まで1度もまつ毛育毛剤を使用したことが無いという人や、多少費用が高くなっても安全性の高い方法でケアしたいという人は、クリニックで処方してもらわなければ購入できない、厚生労働省が認可している種類の育毛剤を選ぶのがおすすめです。

毎日使うものなので、できるだけリーズナブルな価格のものを選びたいという場合は、インターネット通販で購入できるタイプのまつ毛育毛剤をチョイスするのも検討してみてはいかがでしょう。先発医薬品とジェネリック医薬品、どちらのまつ毛育毛剤も海外から医薬品を輸入する代行サービスを提供している、個人輸入代行業者が運営するインターネット通販サイトで購入することが可能です。クリニックで処方してもらうより安い金額で購入できますし、ジェネリック医薬品を選べばさらにリーズナブルな価格で購入できるので、金銭的な負担が軽い方法でまつ毛ケアしたい場合に、個人輸入代行業者を利用するのは有効です。

関連記事
角膜に傷がつく原因にもなる逆さまつ毛を治せる治療法はあるのか?

目がゴロゴロとしたり充血するというだけでなく、角膜を傷つけてしまい視力を低下させてしまうケースもある逆さまつ毛は専門の医療機関での治療によって、改善することができます。逆さまつ毛は何らかの原因によってまつ毛が眼球側へと生えている状態で、まつ毛が黒目部分の角膜を傷つける他にも、結膜部分を刺激して結膜炎

2020年07月04日
まつげ貧毛症の方がまつ毛を生やしたい時に治療をする方法はあるのか?

まつげが細くなる・短くなる・本数が少なくなるといった症状が現れるまつげ貧毛症は、皮膚科や内科、眼科に形成外科、美容皮膚科・美容外科などの美容クリニックで治療が行われているので、まつ毛のボリューム低下に悩んでいる人は、受診することをおすすめします。なんとなくまつ毛が少ないというだけでクリニックを受診す

2020年06月06日
まつ毛が少なくなってしまうまつ毛貧毛症が発症する原因とは

ふと気が付いたらまつ毛が少ない・短い・1本1本が細いと感じたことがあるのであれば、もしかしたらまつ毛貧毛症を発症しているかもしれないので、気になる人は専門の医療機関を受診して診察を受けてみることをすすめします。目にゴミや汗が入るのを防ぐという機能だけでなく、まつ毛は美容面においても大きな役割をしてお

2020年06月03日
顔の印象にも影響がでてくるシミを治療する方法はあるのか?

老け顔を作り出してしまうシミですが、今は美容皮膚科や美容外科クリニックといった美容系クリニックでの治療を受けることで、薄くしたり消すこともできるようになっているのをご存知でしょうか。シミ治療として美容系クリニックでは、ハイドロキノンやトレチノインといった美白効果の高い外用薬や、トラネキサム酸などの内

2020年05月31日