• 鏡を見て肌を気にする女性
  • 顔にクリームを塗る女性
  • 肌がきれいな女性たち
肌を気にする女性

1つでもできてしまうと一気に老けてみられる要因となるシミは、様々な原因で起こると言われていますが、最も大きな原因と言われているのは、紫外線による肌へのダメージです。紫外線を浴びると人の肌は紫外線による刺激が肌細胞にダメージを与えないよう、メラニン色素という黒い色素が作られるという機能が備わっています。メラニン色素は多くの方がご存知のように、シミを引き起こす色素ですので、日焼け止めを塗らないなど無防備に紫外線を浴び続けてしまうと、多くのメラニン色素が作られ色素沈着となり、結果シミとなるという仕組みです。

また、紫外線によるダメージ以外に加齢などによって肌のターンオーバーが低下することも、シミができる原因の1つとして挙げられます。ターンオーバーとは肌が持つ新陳代謝機能で、健康な状態であればどんどん新しい肌細胞が作られ、約28日の周期で新しい細胞へと生まれ変わります。古い肌細胞はターンオーバーの機能によって、最終的には古い角質として剥がれ落ちるというメカニズムが備わっているのが人の肌の特徴です。この古い角質の中にメラニン色素が含まれていれば、一緒に排出されるのでシミとなることはないのですが、加齢や睡眠不足に栄養バランスの偏った食事などで、ターンオーバーの周期が乱れてしまうことがあります。

ターンオーバーの働きが十分でないと、健康な肌だと本来は排出されるはずのメラニン色素がどんどん溜まっていってしまうため、シミを引き起こす原因となるようです。この他にもよかれと思って行っていたスキンケアが、肌に大きなダメージとなっていることも原因となるケースがあります。洗顔をする時により毛穴に詰まった汚れを落とそうとして肌をゴシゴシと強く擦ってしまう、化粧水を浸透させるときに、叩き込むようにしてパッティングするという人も多いのではないでしょうか。このような皮膚に刺激を与えるようなスキンケアを続けていると、ダメージによってメラニン色素が作られシミができるケースも少なくありません。

女性の場合は間違ったスキンケアに加え、メイクでのダメージでシミができるケースもあります。肌に合わない化粧品を使い、かぶれや炎症などの症状が出たことでメラニン色素が過剰に生成され色素沈着を起こします。さらには血液の流れを悪くするタバコを日常的に吸っている、ビタミン類やミネラル類などが不足した、栄養バランスの悪い食事が多いといった生活習慣もシミの原因です。

このように、シミができる原因は1つではありません。健康的で美しく若々しい肌をキープするためには、紫外線から肌を守るというだけでなく生活習慣やスキンケアの見直しを行うことも必要です。